ジビエができるまで

ジビエができるまで


 

①止め刺し
衛生的に血抜き、
速やかに処理場へ
②洗浄・湯剥
お湯をかけ体毛を抜く。
③内臓出し
消化器官を傷つけないように。
④洗浄・乾燥
死後硬直が解けるまで冷蔵庫で寝かす。
⑤皮剥
丁寧に皮を剥いでいき、枝肉に。
⑥検食
全頭検食、香り食味旨味チェック
出荷可否を判断する。
⑦脱骨・部位分け
背骨や肋骨などを抜き、
部位ごとにカット。
⑧包装・急速冷凍
真空包装後急速冷凍し箱詰め

 

発送

 

飲食店様へ!

レストラン、居酒屋、ホテルなど

ご家庭へ!

いつもの食卓にジビエを!

 

違法ジビエに注意を


自家消費を除く飲食店や販売店などでジビエ(野生鳥獣の肉)を調理・販売する場合、
食品衛生法に基づく営業許許可を取得した施設において解体などが行われた肉を使用しなければなりません。
“知り合いの猟師さんから分けてもらい店で提供した”
よく耳にしますが、保健所の許可を得た施設で処理していなければアウトです。
是非、食肉処理業・販売業の確認をされてください。

《厚生労働省・農林水産省の連名注意喚起ポスター》
《厚生労働省野生鳥獣肉の衛生管理に関する指針》

生食は厳禁です


ジビエ肉の生食・レアでの提供も厳禁です。
弊社はお客様であっても発見した場合、改善を求めさせていただいております。
安全で安心なジビエ肉の為ご理解ください。

《厚生労働省HPホームページ》